今後の展開

当社の見解

 当社は、昭和55年設立以来、30年の実績を持つ建築積算事務所として多種多様な建築計画に参画し、より経済性の高い提案を続けてきました。
 現在までの建築積算は「企画段階」又は「施工段階」の数量算出および値入が主たる業務でありましたが、現在の経済社会からは建築企画から経営計算、そして改修計画までの「建物のライフサイクルコスト」への対応が急がれております。

ページの先頭へ

今後の展開

このような状況下において、当社は次に掲げる四つの大きな方針をまとめ、鋭意努力しております。

1)技術の向上
 日進月歩の建築技術を吸収し、技術力の更なる向上を図る
2)技術開発
 IT(情報技術)を最大限に活用し国内各地域の建築生産に円滑且つ効果的に対応し、将来は海外の建築生産にも対応できる技術を開発し生産性の向上を図る
3)ネットワークの拡大
 当社の技術力を活用し、国内各地域における建築生産に積極的に貢献する
4)ライフサイクルコスト
 関連会社と協力し、ライフサイクルコストの低減を図る為、企画・計画段階から、維持・改修、解体処分するまでトータルに検討・提案する

ページの先頭へ

進行状況

 建築主の期待する「コストと品質」管理について精査及び業務手法の確立を研究しています。
 又、老朽化した既存建物に対する価値向上に特化したコンサルタント業務を行う為、提携会社と積極的に技術交換を行っています。

ページの先頭へ